「交野の家」おがわの自宅/感想

感想

1年住んでの感想

今回の建物は、形自体は真四角でとても単純明快です。ここにはメンテナンスのし易さや雨仕舞を難しくしないという意図があります。間取りにおいてもモジュールを守りあまり奇をてらうようなこともしてません。それよりもやはり住む人間が快適に健康に過ごせることに重きを置いて設計したので採用した換気設備や断熱材には本当に満足しています。春夏秋冬一通り体感してみて設計した自分も1年たってやっと納得できました。
皆様も家を建てる際は構造・断熱材・サッシ・床材は少々費用が掛かっても新築時に絶対こだわって完結させてください。リフォーム屋がこんなことを言うのもおかしいかも知れませんが、「将来リフォームでなんとか…」なんて思わず、新築時に絶対こだわるべきです。この部分をリフォームで同じ性能のものをやろうと思うと費用も割高になりますし、正直新築時に備える方が性能も高いように思います。




また、改めて嫁さんに感想を聞くと一番最初に出てきたのはやはり、断熱性能・換気性能がすごいということでした。冬場は予想以上に暖かく、結露もほとんど発生しないことが驚きのようでした。副産物として外の騒音も気にならないとのことで断熱材・断熱サッシの効果はこういうところにも表れているんだなと思いました。また主婦らしいなと思ったのが太陽光発電による売電収入と電気代がプラスマイナスゼロということだそうで光熱費が非常に助かっているとのことでした。
因みにキッチンは「わたしには贅沢過ぎる」「使いこなせているのか」「スタイリッシュに使えない」など、嬉しい悲鳴を申しておりました。

最後に夢にまで見たマイホーム、毎月のローンは大変ですがそれに見合う快適さは家族みんな大満足です。子供は3人目が生まれ子供部屋を2つしか設計していなかったのはちょっと失敗だったけれど、これまた2階のホールが子供たちのコミュニティスペースとして大活躍してくれそうです。長女なんかが「パパの建てたおうち」なんて自慢しているのを聞くと頑張って建ててホントよかったなって思えます。
マンション住まいの時ではありえなかったですが、この家に引っ越して子供たちは毎日元気に家中走り回って遊んでいます。妻も家事が楽になったみたいでご機嫌さんです。
みんなを笑顔にしてくれる素敵な家になりました。

ページトップへ