リフォームのニッショーの木造住宅耐震リフォーム
大切な家族の命を守るために!

耐震診断で耐震性能をしっかりチェック!

耐震診断とは?

耐震診断書
耐震診断書サンプル≫
地震に対して、既設の建物が耐えられるどうか判定することをいいます。
具体的には既存の建物を調べて、現在の耐震基準(新耐震設計基準)と比べて、どうなのかを数値で評価します。調査は地盤、基礎、壁の配置、建物の構造等を調べ、全室が対象になります。

弊社の有資格者が耐震診断を行います。

2012年改訂版「木造住宅の耐震診断と補強方法」
2012年改訂版「木造住宅の耐震診断と補強方法」
日本建築防災協会ホームページ≫
建築士でありかつ「国土交通大臣認定の木造及び非木造の耐震診断・改修講習会」を受講した弊社の有資格者が、耐震診断にお伺いいたします。耐震診断は日本建築防災協会発行の「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づき診断します。
太田・小川

耐震診断費用について

耐震診断費用は3万円~(一般診断法)

住宅の大きさ、住宅図面の有無、現地調査の難易度等により、費用は変わってきます。
各自治体(市町村)で耐震診断の補助金制度がありますので活用しましょう。
補助金の申請のわずらわしい手続きについては弊社でお手伝いさせていただきますのでご安心ください。

■木造住宅耐震リフォームに関する自治体からの補助の例 (平成26年度 当社調べ)
自治体名 HP 耐震診断の補助 耐震設計の補助 耐震改修の補助
寝屋川市 90%

上限45,000円

70% 上限10万円 90万円
枚方市 70% 上限10万円 70万円(一定所得以下の世帯においては90万円)
交野市 なし 40万円(一定所得以下の世帯においては60万円)
守口市 70% 上限10万円 80万円
門真市 70% 上限10万円 50万円(一定所得以下の世帯においては60万円)
大阪市 2/3以内 10万円 50% 100万円

別途20万円加算(自己負担額による上限あり)

※対象
昭和56年3月31日以前に建てられた住宅(大阪市を除く)
大阪市は平成12年5月以前に建てられた住宅

【③具体的な木造住宅耐震診断の流れ】

ページトップへ